水の知識 雑学・ライフハック

【水分不足は怖い】熱中症と脱水症状の違いや対策方法を解説

【水分不足は怖い】熱中症と脱水症状の違いや対策方法を解説

こんにちは。ユウコです。

この記事では

熱中症と脱水症状など、体の水分が失われると超怖いよ

についてお話ししていきます。

毎年夏になると、
目にしたり耳にしたりする

熱中症と脱水症状による
病院搬送、死亡のニュース

自分は「熱中症や脱水症状になったことないから大丈夫!」と思っていても、実は既に危ない領域に足を踏み入れてる可能性も…

例えば

  • フラフラする
  • めまいがする
  • イライラする

わかりやすい例でいうとこんな感じ。
この状態にあったら、すでに水分不足かも。

この記事を読むと、こんなメリットがあります。

  • 自分が知ってる熱中症や脱水症状について、もうちょっと理解が深まる
  • 熱中症や脱水症状になるリスクを減らせる

先に結論をまとめちゃうと、

  • 予防や対策には水分とミネラル補給が大事!
  • 水分とミネラルを補給できるスポーツドリンクが効果的。
  • 熱中症や脱水症状になってからでは遅い
  • カラダの仕組み上、症状が酷いと水が飲めない状態になる
  • 暑くて汗かいたりしなくても、普段の生活で脱水症状は簡単に起こるので、こまめに水分補給するのが大事!

それでは、いってみよう!
しろくまさん!今日もよろしく!

はいはーい。よろしくね。

熱中症と脱水症状の対策方法について

まずは熱中症と脱水症状の対策方法についてお話しするね。

どうなったら熱中症や脱水症状になるかよりも、まずはならないことが大事だからね!

まず、熱中症や脱水症状になりそうな環境にいたり、スポーツをしてるなら

ポイント

水分補給はもちろん、ミネラルの補給も大事!まめに飲むこと!

汗をかいた時に不足しているのは、
水分だけではありません。

体液中に含まれるナトリウムイオン、カリウムイオン、マグネシウムイオンなどの電解質も欠乏状態、要するにミネラルが失われていってます。

よく水分と一緒に塩分も摂ろう!って言うけど、
他にもカルシウムやマグネシウムといった
補給すべきミネラルも忘れてはいけないんです。

なので、熱中症や脱水症状の懸念があるときは
水分が補給出来て塩分や糖分が入ってる
スポーツドリンクがおすすめです!

スポーツドリンクがない時は
コップ一杯の水に塩を一つまみ
入れたものでもいいです。
砂糖も加えると吸収が良くなってより効果的。

塩分タブレットもいいけど、塩分含めた
ミネラルタブレットみたいのが
あったらいいのにね。

こんな時もスポーツドリンクがおすすめ。
ただ、スポーツドリングは甘いから、
飲みすぎは糖尿病や肥満の原因になるから注意です!

  • サウナの後
  • 子どもの下痢や発熱

でもサウナの後ってフルーツ牛乳飲みたくなるのよね~。

その後にスポーツドリンクを飲んでもいいんだよ。
大事なのは汗をかいて失った水分とミネラルを補給することだからね。

症状が出てからでは遅いです

  • フラフラする
  • めまいがする
  • イライラする

こういう症状が出てから水を飲もうって人が意外と多いんだけど、実はこれって遅いんだよ。

まず、熱中症と脱水症状の違いを
簡単に説明すると、

熱中症
日射病や熱射病の総称で、高温化での運動や労働のため
発汗機能や循環系に異常をきたして起こる病気。
体温上昇、発汗停止と共に
虚脱、痙攣、精神錯乱、昏睡を引き起こして、
生命の危険を伴います。

脱水症状
体から排出される水分量が増えたり、
摂取する水分量の不足によって体内の水分が
著しく減った状態をさします。

どちらも暑いところにいて体温が異常に上がって、
その体温を下げようと大量の汗をかいた時に
起こることが多い疾患です。

で、この2つの症状ですが、

ポイント

熱中症や脱水症状の症状が出てから水を飲むのは遅い

なぜかというと、
熱中症や脱水症状が進んでからだと、
水でのどの渇きを潤そうと思っても
少し飲むと体が受け付けなくなってしまうから。

つまり、のどが渇いていても
飲めなくなっている状態になっています。
人間のカラダの仕組みなのでどうしようもありません。

この人間のカラダの仕組みっていうのは
細胞内外の水分移動の『浸透圧』っていうのが
キーワードなんですが、
ちょっと難しいので、簡単に説明しますね。

水分が不足する=細胞の水分が失われる。

細胞の水分が失われると細胞内の塩分が過多になる。

ここに水を飲んで水分が入ってくると
『浸透圧』の機能がうまくいかなくなる。
細胞の機能が狂ってしまうきっかけに。

脳が細胞の機能がくるってしまわないように、
これ以上水を飲むなと指令を出す。

しかし、水分を補給しなければ、
血液はどんどんドロドロになって、
生命活動に支障をきたします。

脳は体内の水分量にとても敏感で
少しでも減ってくると
「水分を体外に出すな!」っていう
命令を出します。

なので、それを防ぐために
汗をかかないようにしたり
排尿の回数を減らします。

結果、体内に老廃物は溜まって、
血液循環は悪くなり、
汗をかかないせいで体温は上昇、
やがて熱中症に至ります。

なので、症状が出始めてから
水を飲むでは遅いんです。
これを予防するためには、
ちょこちょこ飲んでいくのが大事ですね。

私の良く行くスーパーでは、
「従業員の方は水分補給をしてください」っていうアナウンスが流れてます。
従業員大事にしてるんだなぁ、と
ちょっと好感持ちました。

汗をかいていなくても脱水症状になる

あと、注意しなきゃいけないのは、

ポイント

暑くなくて、汗をかいていなくても普通に生活してたら脱水症状になる

ということ。

人間は汗の他に呼吸や便でも
水分を失っています。

なので、

  • 暑いところにいないから平気
  • 涼しいところで仕事してるから大丈夫
  • 汗かいてないから問題ない

といって、水分補給をおろそかにすると
熱中症、脱水症状になるリスクがあるので、
こまめに水分補給していきましょう。

あと、これは豆知識。
のどの渇きを感じるのは年々鈍くなっていきます。
しかも、男性より女性のほうが鈍いんです
さらに、女性の場合は男性のカラダよりも脂肪が多いせいで水分率が低い。なので女性は男性よりも積極的に
水分を取っていくべき
なんです。

脱水症状は普通に生活しててもなっちゃうから気をつけようね。
ふだん水を飲んでない人はなってる可能性が高いよ。

そうねー。女性だとトイレが近くなるからって
飲んでない人が周りに多いかも。
休憩がてら水飲もうって誘ってみようかしら。

熱中症や脱水症状の重症度

最後に熱中症や脱水症状の重症度は
『水分欠乏率』という指標で判断できので
紹介しておくね。

人間の体は水分量が数%減っただけで
体内の活動が滞ります。

水分が不足していくと
人間はどうなっていくのか?
下の表にまとめました。
参考としてみてくださいね。

水分欠乏率症状
1%のどの渇き
2%血液凝縮、激しいのどの渇き、漠然とした不快感、意気消沈、頭がぼんやりする、食欲減退
4%皮膚の紅調化、イライラ、感情の不安定、吐き気、疲労と眠気、動きが鈍くなる
6%頭痛、体温上昇、脈拍数・呼吸数の上昇、手足の震え、熱性困ぱい
8%呼吸困難、めまい、言語不明瞭、チアノーゼ、精神錯乱、疲労増加
10~12%顕著な血液濃縮および、血液量の減少、腎機能不全、循環不全、筋肉のけいれん、舌の膨張、興奮状態、失神
15~17%目の前が暗くなる、目がくぼむ、瞼の硬直、皮膚がしなびてくる、皮膚の感覚鈍化、飲み込み困難、下のしびれ、張力喪失、排尿病
18%尿生成の停止、皮膚のひび割れ
20%死亡
参考:体の水分減少に伴う症状

まとめ

熱中症と脱水症状の違いと対策方法について
お話ししてきました。

この記事の内容をまとめると、

  • 予防や対策には水分とミネラル補給が大事!
  • 水分とミネラルを補給できるスポーツドリンクが効果的。
  • 熱中症や脱水症状になってからでは遅い
  • カラダの仕組み上、症状が酷いと水が飲めない状態になる
  • 暑くて汗かいたりしなくても、普段の生活で脱水症状は簡単に起こるので、こまめに水分補給するのが大事!

熱中症と脱水症状はいつでも起こりうる病気。
他人事とは思わず、日々の生活でしっかり
予防していきましょう!

それでは、また!
別の記事でお会いしましょう!

にほんブログ村に参加してます。クリックしていただけると頑張って情報発信します!

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村

-水の知識, 雑学・ライフハック