水の知識

健康や美容の要となる『水』、人間と水の関係について知っておいてほしいこと

こんにちは。ユウコです。

この記事では

人間の水分量と水の役割について知っておいてほしいこと

について、お話ししています。

先に結論をまとめちゃうと、

  • 人間の水分の90%は細胞の中とその周りにある
  • 人間は水を飲まなきゃ代謝が働かずに死んでしまう。1週間もたない
  • 死に至らずとも、細胞の水分が失われるとカラダの不調や肌の若々しさが失われる
  • 逆に細胞が潤っていれば、人のカラダも若々しくなる
  • 失った水分は外から補うしかない
  • 一日に飲むべき水の量は1.5L。こまめに分けて飲もう!

人のカラダに対する水の重要性って
ご存知でしょうか?

人は水がないと生きていけません。
普段何気なく飲んでいる水が
生きるために超重要なんですよ。

水には生命維持の他に体を健康にしたり、
肌をキレイにしたりする力を持っています。

水の機能的な話は他の記事でお話しするとして、
この記事では、体の水分量と水の役割について
あまり難しくせず、簡単にお話ししていきます。

それでは、いってみよう!
白くまさん!今日もよろしく!

はいはーい。よろしくね。

人間の水分量の話

はじめにだけど、ユウコは人間はカラダにどれくらいの水分量があるか知ってる?

なんとなく知ってるよ。60%~70%くらいでしょ?

正解!じゃあ体の中の水分で大部分を占めてるものってわかる?

うーん…血かな?

実はね、細胞なんだよ。カラダの中の9割の水分が細胞にあるんだ。詳しく見ていこうね。

人間は60%~70%は水分です。
60kgの人なら2Lのペットボトル換算で40~45本。
こうやって考えると、すごく多い気がしますね。

その水分のうち90%が細胞とその周りにあります。
内訳はこんな感じ。

  • 細胞内液(細胞の中にある水分):約60%
  • 細胞間液(細胞と細胞の間にある水分):約30%
  • 血液:7%~8%
  • その他(脳や臓器の隙間に存在する水分など):残りの数%

そうなんだ!血だと思ってたけど、実は細胞なんだね。

じゃあ、次にカラダにおける水の役割をお話ししていくね。

カラダにおける水の役割

人間って食べ物が無くてもある程度生きていられるけど、水がないと3日ほどで死んでしまうんだよね。

あ、なんか水を飲んでたから生きていられたって話を聞いたことあるよ。あれってなんで?

人が水を飲まないと死んでしまう、
それはこういった理由です。

  • 細胞は水分が無ければ、生命を維持するために必要なエネルギーを作り出せないから
  • 水分が少なくなれば、細胞の活動は鈍くなって、やがてストップして死に至る

体内の水分は血液やリンパ液を通じて体中を循環して、
細胞に酸素や栄養素を運んで、二酸化炭素や老廃物を回収、
回収したものは肺や尿から排出しています。

人が生きていられるのは、要するに代謝が働いているからなんだ。
血液中の水分が少なくなるとドロドロになって、酸素や栄養素が運べなくなって、エネルギー生成がスムーズにできなくなるんだよね。

逆にカラダの中が潤っていると、健康になるのはもちろん、代謝が活発になってダイエットとか美肌にも効果があるんだよ!

え!マジ!?生きるための代謝もそうだけど、健康とか美容とか効果あるなら水飲まなきゃだね!でも、どれくらい飲んだらいいの?

じゃあ次は1日に必要な水分量についてお話ししていくね。

1日に消費する水分量と必要な水分量

1日にどんだけ水飲まなきゃいけないんだろう…(ドキドキ)

まずは1日に消費する水分量から見ていこうね。

一般的には1日に約2.5Lの水が
体から消費されていると言われています。

  • 尿:1.5L
  • 汗:0.5L
  • 呼吸:0.4L
  • 便:0.1L
  • 暑い日なら更に消費量は増えます

あと大事なことで、
消費した水分(=失った水分)は外部から補給するしかありません。

2.5Lも飲むのか!キッツいなー!無理じゃん!

無理って決める前に摂取すべき量も見てみようか。
さっきの2.5L消費換算で見てみようね。

  • 体内で作られる水:0.5L
  • 食事からとれる水分:約0.7L~1L
  • 飲み水として取るべき水分:約1L~1.3L
  • 夏場なら飲む量が+0.5L~1Lくらい

あれ?
飲まなきゃいけない量って実は消費量の半分くらいなの?
でも、いつもどのくらい飲んでるんだろ?
トイレ近くなるからあんまり飲んでないかも…

そうなんだよねー。
トイレが近くなるって理由であまり飲まない人が多いんだよね。
ホントは健康とかお肌のために飲むべきなんだけど。
現代の社会とか仕事の在り方が良くないよね。
普通に生活してる場合だと、ほんとは1.5Lくらいが推奨だよ。

1.5Lかぁ…
水のペットボトル1本飲み切る勢いよね。
キツいなーって思わずに飲める方法無いかな?

ユウコが普段飲んでる量はちょっとわからないけど、
例えばこんな風にしたら結構簡単に達成できると思うよ。

  • 朝起きたらコップ一杯250ml
  • 寝る前にコップ一杯250ml
  • 3度の食事前にコップ半分くらい150ml

これで950mLだから、残り500mLちょっとは
仕事の休憩とかで飲んでいく感じ。

こう見るとなんか簡単に達成できそうね。
夏場もいけそうな気がしてきたわ!

一気にじゃなくて回数を分けて少しずつ飲むのが大事だし、コツだよ。
あと、飲みすぎはダメだよ!

わかった!やってみるね!

まとめ

この記事では体の水分量と水の役割について
簡単にお話してきました。

この記事をまとめると、

  • 人間の水分の90%は細胞の中とその周りにある
  • 人間は水を飲まなきゃ代謝が働かずに死んでしまう。1週間もたない
  • 死に至らずとも、細胞の水分が失われるとカラダの不調や肌の若々しさが失われる
  • 逆に細胞が潤っていれば、人のカラダも若々しくなる
  • 失った水分は外から補うしかない
  • 一日に飲むべき水の量は1.5L。こまめに分けて飲もう!

この記事を見て頂いた人はこれをきっかけに
たくさん水分を取ってほしいと思います!

水を飲んで、健康やきれいなお肌を
手に入れましょうね!

それでは、また!

にほんブログ村に参加してます。クリックしていただけると頑張って情報発信します!

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村

-水の知識