水の知識

ミネラルウォーターとかの『ミネラル』ってぶっちゃけ何?

ミネラルウォーターの『ミネラル』ってぶっりゃけ何なの?

こんにちは。ユウコです。

この記事では

ミネラルウォーターとかの『ミネラル』っていったい何なのさ?

について、お話ししています。

先に結論をまとめちゃうと、

  • ミネラルは5大栄養素の1つ
  • 一口にミネラルと言っても、カルシウム、マグネシウムなど中身はいろいろ
  • 不足すると、体を作ったり、維持する機能がうまくいかなくなって不調につながる
  • 摂りすぎると、ミネラル同士のバランスが崩れて、様々な病気を引き起こす
  • カルシウムとマグネシウムは積極的に摂るべき!

私は以前、
「ミネラルって何?」って聞かれても
「なんか体に良いモノだよ」としか
答えられませんでした 笑

手荒れ・肌荒れが酷かった私は
水に気を使ったことで症状が回復したのをきっかけに
水についていろいろ勉強するようになりました。

勉強していく中で、

  • 「水ダイエットってこのミネラルが効いてるんだ」とか、
  • 「この成分って老化防止に役立つんだ―」とか、
  • 「うわー、こんな体にいいのに全然摂れてないわー」とか、
  • 「食べ物で摂るより水で摂った方が効率良いんだ」とか、

などなど。
日常生活において、水について知っていたら
イイコトしかありません。

そんな知っておいた方がいい水の知識。
この記事ではミネラルについて

  • ミネラルとは何ぞや?とか
  • 具体的にどんなモノの事を言い、
  • どんな効果があるのか

を難しくならないように
お話ししていこうと思います。

それでは、いってみよう!
しろくまさん!今日もよろしく!

はいはーい。

ミネラルっていったい何なの?

ねーねー白くまさん。
ミネラルウォーターとかでいう
『ミネラル』っていったい何なの?

お、どしたの急に?

硬水・軟水とか、水のアルカリ性・酸性とかいろいろ学んだから、ミネラルについても知りたいのよね。なんだか漠然とカラダに良いモノってしかわかってないし。

うん、わかった。じゃあ今日は
『ミネラル』についてお話しするね。

『ミネラル』とはいったい何なのか?
要点をまとめました。

  • 炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミンと並ぶ5大栄養素
  • 骨や血液を作る材料となったり、体がきちんと機能を維持できるように調整したりするなどの役割を担う
  • 不足すると、上記の働きがうまくいかなくなって、体の様々な不調につながる
  • 逆に摂りすぎると、ミネラル同士のバランスが崩れて、様々な病気を引き起こす

ざっくり言ったらこんな感じなのね。
何でも摂りすぎって良くないんだね。

そうだね。
どっちかっていうと足りてないことの方が多いけど。
次はミネラルの各成分についてお話ししていくね。

ミネラルの各成分について

そうそう。これが知りたい。
中身は一体何なのかよくわかってないのよ。

ミネラルと一口に言っても色々あるよ。
まずはこれがミネラルの中身。

  • カルシウム
  • マグネシウム
  • ナトリウム
  • カリウム
  • セレン
  • 亜鉛
  • ケイ素(シリカ)
  • ゲルマニウム
  • バナジウム

けっこうあるのね。
あんまり聞いたことないのもあるわ。

ひとつずつ、特徴を簡単にお話していくね。

カルシウム

カルシウムは
日本人にもっとも不足しているミネラルです

何故なら、日本の水の多くが軟水で、
カルシウム含有量が少ないから。

ポイント

  • 人間の体に最も多く含まれるミネラル
  • カルシウムの99%は骨や歯を形成して、
  • 残り1%は筋肉や神経、体液中に含まれます
  • この1%で、血液の凝固を防ぎ、筋肉の収縮を促し、酵素を活性化させ、心臓が正常に働くように支えています
  • その他の効果として、高血圧、動脈硬化、骨粗しょう症の予防、イライラなどの精神的な不安定を和らげます

カルシウムはホントに大事だよ!
食べ物でとっても吸収率が悪いから、
水で摂るのが効果的!

マグネシウム

マグネシウムは
カルシウムが骨から溶け出すのを防いだり、
体内で働くのを助けます。

ポイント

  • 腸の中の水分を便に吸い寄せて柔らかくするので、便秘を改善
  • 糖質やアミノ酸などの代謝に関係する多くの酵素の活性化させます
  • ビタミンB群の働きを高めます
  • 疲労を防ぐ効果もあります

また、マグネシウムが不足している状態だと、
カルシウムをいくら摂取しても意味がありません。

カルシウムと同時にマグネシウムも合わせて取らなきゃダメなのね。

ナトリウム

ナトリウムは
食塩を生成するミネラルです。

ポイント

  • 体の浸透圧を正常に保ち、他のミネラルの代謝を支えます
  • 特にカリウムとの相互作用は重要で、ナトリウムとカリウムが相互に働かないと、神経伝達がスムーズに行われない
  • 血圧を一定に保つ効果があるが、過剰摂取すると血圧上昇を招きます

ナトリウムは普段の食事で十分に補えるから、意識して摂る必要はないよ。

カリウム

カリウムは
ナトリウムとの相互作用で浸透圧を調整しています。

ポイント

  • ナトリウムを取りすぎた場合に、血圧が上昇しないように働きます
  • 腸のぜん動運動を助けて便秘解消を促します
  • 食品中に多く含まれるけど、排出されやすいので意識して摂取すべき!
  • 不足すると、疲労やだるさを感じやすくなります

セレン

セレン(別名セレニウム)は
アンチエイジングに欠かせないミネラルです。

ポイント

  • ビタミンEの約5000倍の抗酸化力を持ちます
  • アンチエイジングの素『活性酸素』を除去する効果が高いです
  • 摂取しすぎると慢性的な中毒症状が現れるので注意
  • 例えば、肌荒れ、肝硬変、貧血、脱毛など

亜鉛

亜鉛は不足しがちなミネラル。
色んなプラスの効果があります。

ポイント

  • たんぱく質や炭水化物の合成や分解
  • ホルモン分泌の調整
  • 脳機能の活発化
  • 脱げ毛防止
  • 有害金属の毒性低下
  • アルコールによる肝硬変の改善
  • コレステロール過多による動脈硬化の改善
  • 活性酸素を抑制する酵素を活性化させるので、アンチエイジングに効果あり

おっと、抜け毛とかアルコールとか、コレステロールとかに効果あるのか...
ダンナに飲ませよっと。

水に限らずサプリメントとかでも補給できるから
積極的に摂ってね。

ケイ素(シリカ)

ケイ素(シリカ)は
コラーゲンなどの結合部分を増強して、
人の組織と組織を束ねる役割を持ちます。

ポイント

  • 血液や皮膚、爪、神などを美しくします
  • 玄米やアワに多く含まれています
  • 最近はあまり摂取しなくなったので、ケイ素不足の日本人が多いです
  • コラーゲンとヒアルロン酸を肌の上でつなぎとめているのもケイ素
  • ケイ素が足りないと結合がもろくなり、いくらコラーゲンやヒアルロン酸を摂取しても水分を保つことができない

玄米とかアワって食べる機会少ないよね。

美容に直結のミネラルじゃん!
カルディに『シリカシリカ』っていう水が売ってたから飲んでみよ!

ゲルマニウム

ゲルマニウムは
金属と非金属の性質を併せ持つミネラルです。

ポイント

  • 水に非常に溶けやすい性質
  • 血液中にスムーズに溶け込みます
  • ドロドロ血液の状態を速やかに改善
  • 抗がん、抗酸化(老化防止)に効果があります
  • 免疫機能を向上させる働きもあります

ゲルマニウムってネックレスでしか聞いたことなかったけど、ミネラルなんだ...

バナジウム

バナジウムは
ダイエットや糖尿病予防に有効なミネラルです。

ポイント

  • 玄武岩層を通り抜けてきた水に比較的多く含まれています
  • 自然界に量の少ないミネラル
  • 日本だと富士山周辺に多い
  • 代謝促進、コレステロール抑制、血糖値降下作用に効果があります

簡単に、とはいっても結構な量だったわ。
こんなにいっぱいあるのね。

そうだね。
中でも特にカルシウムは本当に大事!
それを補佐するマグネシウムもね。
この2つは健康・美肌・ダイエットとか、全ての基礎にもなるから積極的に摂るべきだよ。

うん!わかった!
ケイ素や亜鉛も健康や美容に良いから
積極的に摂っていこうかな!

まとめ

『ミネラル』って具体的に何者なの?
についてお話してきました。

この記事の内容をまとめると、

  • ミネラルは5大栄養素の1つ
  • 一口にミネラルと言っても、カルシウム、マグネシウムなど中身はいろいろ
  • 不足すると、体を作ったり、維持する機能がうまくいかなくなって不調につながる
  • 摂りすぎると、ミネラル同士のバランスが崩れて、様々な病気を引き起こす
  • カルシウムとマグネシウムは積極的に摂るべき!

健康はもちろん、美肌やいつまでも若々しくいるために、
足りてないなと思うミネラルは
水の他にサプリメントなどと合わせて
補給していきましょう!

それでは、また!

にほんブログ村に参加してます。クリックしていただけると頑張って情報発信します!

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村

-水の知識